“女だから”を逆手にとって楽してない?

投稿日: カテゴリー: 20代の悩み
こんにちは、ゆるかわ♡キラキラライフコンサルタントの一ノ瀬ありさです✨

先日お会いした60代の女性とお話した時、思わずドキッとしたお話をします。

私たちはお局様と呼ばれながら自分たちが仕事をし続けるためにポジションをち取ってきたの。

今みたいに育休なんてなかった時代だから、結婚したら退職するしかなかった。

だって戻ってきても元のポジションには戻れないし、邪険にされるから。

姑には家事もやらずに外でヘラヘラしてるって言われることもあるのよ。

私は仕事が大好きだったし、もっと上を目指したかったから結婚や子育てはめたの

もちろん親や親戚には早く子供を産め、それが女の幸せだなんて言われてね。

もちろんセクハラ・パワハラなんて当たり前よ、でも好きな仕事のためにはそんなこと苦でもなんでもなかった、その位本気で仕事と向き合っていたの

でもね、あなたたちは違うでしょ?

職場復帰も当たり前、子育てだって社会全体でしようって時代に生きている

ハラスメントがちょとでもあれば声を大にして言える

おまけに結婚してなくても子供を産んでいなくても価値観の多様化で済まされる

これだけ恵まれた環境なのに仕事は生きる手段?

普通で良い??

あなたたちはどこまで与えられたら満足するの?

女だからって理由を逆手にとってあぐらをかいてるわ

・・・何も言えなかった

何もかもが正論だった。

今の60代の女性が定年まで働くってすごいこと

だって女性管理職って言葉が定着しだしたのはごく最近

お茶出ししてればいいよなんていわれることもしばしば

だからこの世代の女性たちはどんなに仕事ができても女だからって理由で昇進できなかった

働いている間だってお局様と呼ばれながら煙たがられ、子供はできないのかなんてセクハラもあったらしい

でも今の私たちってそうじゃない

望めばキャリアを積むためのルートが会社として用意されている

産後の職場復帰は大歓迎

人事部は若手の味方

結婚も仕事も諦めなくていい環境を社会が作りはじめているのになぜだか当事者の女性は消極的だったりするもの

私もちょっと前までそうだった

別に他の人でもできる仕事なら責任もそんなに重くない方がストレスもたまらなそう

とりあえず子供産むまでの手段でいいかな~

消極的だった理由はただ一つ

やりたい仕事、本気で向き合える仕事をしていなかったから

60代の女性のこの言葉

好きな仕事だったから

本気で仕事と向き合っていたの

これこそが働く原動力

どんなに福祉が充実しても、世の中が女性の社会進出を推進しても当事者の女性たちがなんとなく働いていたら意味がないし社会は変われないよ

今私たちが当たり前に働けるのは煙たがられても頑張って働いてた女性たちのおかげ

大好きな仕事と本気で向き合っていく

それができる時代に生きているんだからやっぱり楽してる場合じゃないよね

仕事も結婚も諦めなくていい時代♡

最高じゃん♡♡♡

働き方・生き方の多様化してる今だからこそ

自分らしく生きる方法を真剣にみつけることが必要なんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です