自分の求め方次第で働きやすい環境は変わる

投稿日: カテゴリー: ワークスタイル
今回のテーマ
働きやすい環境は自分の働きたい形によって変わってくる

 

 

おはようございます、ゆるかわ♡キラキラライフコンサルタントの一ノ瀬ありさです✨

さて女性の働き方も今回で第3弾となりました。

前回の内容はこちらですね♡

① 就職・転職を考えている方へ♡ゆるふわ就職は危険
② 長く安定して働きたいのに叶わないのはなぜか

女性が企業に求めることTOP3
1 結婚・出産しても続けられる仕事
2 安定して長く働ける仕事
3 女性が働きやすい環境

 

前回は安定して長く働ける仕事を求めているのに叶わない理由として、仕事や働き方に対しいて愛や関心がないからというお話をしました。
今回は女性が働きやすい環境ってどういうものなのか考えていこうと思います♡

 

 

 

そもそも働きやすい環境って?

私が思う働きやすい環境のイメージを挙げてみます
・職場全体の風通しが良く雰囲気がいい
・ライフステージに合わせた働き方が選べる
・会社全体で休暇の推進を実践している
・男女平等に評価してくれる
・意見が言いやすい環境
・若手のうちに色々チャレンジできて経験やスキルを積める
・教育制度が充実している
・男性社員も女性社員も働くママに対する理解をもち、協力的姿勢をもっている
・在宅ワークという手段が実践できている
・女性管理職がいる

ざっとこんな感じでしょうか。
私は働いていて1番気になることって人間関係でした
業務に取り掛かかる以前に人間関係が悪いと支障を来すし、職場に行くことが何よりもストレスになるんですよね。
幸いにも2年という短い期間で最悪な人間関係と最高の人間関係どちらも経験することができたのですが、
人間関係が良好な職場は仕事の効率が良い。
結果としてミスも減るし、お客様を待たせる時間も少なくなる。
男女協力しあうことで全体的に早く帰れるようになるんです。

だから今は仕事の効率を上げるためにも、ストレスなく楽しく働くためにも人間関係はプラスな方ばかりにすることを心がけています♡

 

企業の制度はあてにならない?

 

我が社は女性が働きやすい環境です!ってどの企業も口をそろえて言うんですよね。大体の企業は会社独自の制度を推してきます。マタニティ制度が~とか職場復帰プロジェクトが~とか・・・。でも会社の制度ってどこまで浸透しているか分からない。
例えば生理休暇。
大手はこの制度導入しているようです。私の以前勤めている会社にもありました。ですが!!使っている人は2年間で1度も見たことがありません。先輩に聞いてもそんな制度いつからできたの?ってビックリされたり、その制度を知っていても男性の上司に生理なんで休ませてくださいなんてなかなか言えないですよね(^^;)
でも企業は説明会などで大々的にあたかもみなさん生理休暇取れますよなんて謳い方をするもの。
だから会社側と労働者の働きやすい環境のとらえ方が違うんです。

だから面接時にはそういった働きやすい環境への取り組みは社員にどれくらい浸透しているのか質問することも大切だと思います。

 

 

 

女性にとって働きやすい環境は男性にとっても良いこと

 

女性ばかり優遇されているように見えますが、本当に働きやすい環境って男性にも女性にもメリットがあるんです。
先ほどの人間関係の話ですが、女性同士が人間関係が良いと男性社員も派閥を気にせず仕事を頼めますよね。あそことあそこは仲悪いから一緒に仕事を頼むと面倒なことになるから他の人に頼むしかないか・・・とか気にしながら指示を出す上司の身になってください。仕事の効率は落ちるとわかっていてもみんなの働きやすさを考えるとそうせざるを得ないんですね。

あとは女性の能力を最大限に生かすことができれば男性とはまた違った視点での仕事ができることもあると思います。昇進も昇給もできないとわかりきっているから女性も手を抜くんです、もう定時ですけどなにか?みたいな態度だって平気でとります。ですがきちんと女性もキャリアを積めるようになれば仕事の効率も業績も上げっていくでしょう。評価が認められる雰囲気になれば女性だって喜んで仕事を引き受けるようになと思います。

 

 

 

結局は自分次第
大事なことは3つ
① 会社の制度が本当に機能しているか
② 働く社員の意識意欲が高いか
③ 自分はどんな働き方をしたいのか明確にもっているか

前述で会社の制度や社員の意識は分かっていただけたかと思いますが、やっぱり最後は自分次第なんですね。

職場復帰後ただ言われたことをこなしていればいいという働き方をしたい方にはキャリアを積ませられることは重荷でしかないし、仕事に積極的に取り組みたいとそもそも思えませんよね。
逆にどんどん自分の可能性を開花させたいと思っている女性には、子育て大変だから負担ないポジションしておくねとされることが不満になりますね。

だから自分のライフステージが変化した後、仕事とどのように向き合いたいかによって働きやすい環境というものは変わってきます!

上記のことを踏まえて自分の働き方を棚卸ししてみてください♡

 

 

 

一ノ瀬ありさ 公式LINE@
無料お友達追加で
もれなくイベントやセミナーで使える
クーポン発行中♡

登録はこちらから↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です