3年の辛抱って本当に必要?

投稿日: カテゴリー: 20代の悩み
おはようございます、ゆるかわ♡キラキラライフコンサルタントの一ノ瀬ありさです✨

就職して3年は働くしかないよね~

ってよく聞きませんか?

私も同期がたくさんいる会社に入社しましたが多くの人がなぜだか3年にこだわっていました。

現在25歳、大学卒業して社会人3年目の年です。

なので元同期たちも来年度の転職に向けて動き始めたようで公務員試験にエントリーしたり転職サイトへの登録をしているなんてお話をよく聞きます。

世間体?

履歴書に傷がつくから?

仕事も一通り覚えていないのに辞めても次がないから?

それって3年間の問題でしょうか?

入社数か月も経たずに辞めるゆとり世代と揶揄されますが、たしかに大してその会社にいないのに何がわかるんだ、辛抱が足りないという人の気持ちもわかります。

でも、その人が直感で嫌だ、合わないって思ったんだもん仕方ないし、やる気のない人間が組織にいることも全体のモチベーションが下がるから辞めた方がいいだろうって思うんです。

それに仮に3年務めたとしても何年も何十年も働いている先輩方からしたたかだか3年で何がわかったんだっていわれるだけですよ。

仕事ってそんなにあまいものじゃない、3年で仕事をこなせたって思っているのは一連の動作がスムーズになったってスタートラインに立てただけ。

なのに3年で辞めたらスタートしてないのと変わらない

履歴書に傷がつくとか世間体とか色々気にされる方もいますが、そんなの大した問題じゃないんです。

要は働いた年数ではなく、

辞める決意に対してどれだけの覚悟ができているか

次のステージでどれだけ本気の仕事ができるか

これが大切です

うまくいかなかった、合わない仕事だったというのは誰にでも起こりうることです

次のお仕事はそうならないようにしたいですよね♡

だからなんとなく転職するのではなくよく考えて転職しないと同じことの繰り返しになってしまします。何度も転職を短期間でしたらさずがに履歴書に傷がつくデメリット出てきますし、信用されない人間に自らなってしまうということになります。

だから私らしく働くこと、大好きを仕事にするってとってもいいこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です